東京マグネシウム株式会社
 圧延材
板厚精度の高い圧延材の提供
マグネシウムは、
結晶構造(稠密六方格子構造)の異方性のために加工性に乏しく、
特に室温でのプレス加工は難しいとされています。
当社では、冷間プレス加工可能なマグネシウム合金圧延板の開発と
プレス加工技術の開発を進めています。


純マグネボール
水の革命、体に優しいマグネシウム!


構造材料だけでなく、マグネシウムの電位差を利用し、
体に優しいアルカリ還元水を作る製品に利用されています。
アルカリイオン水により体内の活性酸素を中和させ、
また、湯船に入れることで肌に優しいお湯を作ります。


押出しパイプ材
量産効果・コスト低減

 

マグネシウム合金の押出材は、軽量化の鍵を握る素材と言われています。
最終製品形状に近い異形状パイプの押出しに関してもご相談ください。

マグネシウム合金押出パイプ使用例:
●自転車用メインフレーム AZ80
マウンテンバイクのフレームに使用されています。
●車椅子用フレーム AZ31、ZK60
特に競技用車椅子の軽量化が実現されています。
●梯子、踏み台 AZ31、AZ61
軽量化により女性が持ち運び出来ます。
●シートフレーム AZ31
強度を保ちながら軽量化が可能です。
●各種シリンダ AZ31、ZK60


押出板材

マグネシウム合金押出材は軽量で低コスト化が可能!

マグネシウム合金押出し板使用例
●自動車アクセサリ- AZ31
フットペダル
●ダイカスト前の試作用

★★★ 機械加工についても御相談下さい。 ★★★


押出し丸棒
マグネシウム合金は、他の金属よりも切削抵抗が小さいので、
機械加工などを行うときに、
比較的早い速度で加工することができ、治具も長持ちします。

  

マグネシウム押出し丸棒使用例
●歯車 AZ31、AZ61、Zk60
 軽量化することによりモータの負荷を軽減できます。
●ボルト・ナット AZ31、AZ61
 ラジコン用部品として軽量化に役立っています。
●自動車アクセサリ- AZ31
 シフトノブ

権田金属工業株式会社
素材品
厚さ1mm以下の薄板から、厚さ10mm超の厚板まで製造可能です。
素材品

製造可能範囲 単位(mm)
板厚最大板幅最大長さ
0.8以上1以下
550
1800
1超え3以下
500
1500
3超え10以下
400
500
10超え
お打合せにより対応いたします。

当社のマグネシウム板材の標準的な性能一覧

マグネシウム
合金の種類
板厚(mm)
耐力(MPa)
引張強さ(MPa)
伸び(%)
AZ61
(Al 6%,Zn 1%)
0.8以上10以下
160以上210以下
240以上300以下
8以上24以下
10超え15以下
最大200
最大250
最大5
AZX611
(Al 6%,Zn 1%,Ca 1%)
0.8以上10以下
150以上220以下
240以上310以下
6以上20以下
10超え15以下
最大200
最大250
最大5
AZX612
(Al 6%,Zn 1%,Ca 2%)
0.8以上10以下
160以上250以下
240以上300以下
5以上18以下
10超え15以下
最大200
最大250
最大4
ここに記載した数値は標準です。
ご希望により高強度化・高延性化も可能です。
また、微量元素の添加による試作や、結晶組織・集合組織制御も可能です。
是非、お問い合わせ下さい。


マグネシウム合金AZ61
マグネシウム合金AZ61
当社が独自に開発した
双ロ−ル鋳造法(GTRC:Gonda Twin-Roll Casting)による
鋳造と圧延・研磨加工を組み合わせて、
AZ31に比較して優れた強度と耐食性を持ち、
またプレス加工もできるAZ61薄板の生産を行っています。

 
難燃性マグネシウム薄板
 難燃性マグネシウム薄板
当社は、独自開発した双ロール鋳造法(GTRC)による
鋳造と圧延・研磨加工を組み合わせて、
このほど、カルシウムを添加して難燃性を高めた
マグネシウム合金の鋳造にも成功しました。

 
マグネシウム電池用マグネシウム合金 マグネシウム電池素材マグネシウム合金
マグネシウム空気電池用のマグネシウム合金を提供しています。
マグネシウム電池は、長期間保管した後でもすぐに使うことが出来ると
非常電源用などの用途に最適だと、最近脚光を浴びています。
形状は板だけではなく、丸棒形状も製造することが出来ます。

 
マグネシウム建材
マグネシウム建材
建材用マグネシウム合金を提供しています。
この材料は、カルシウムを含んだマグネシウム合金で、
2013年に国土交通省から不燃認定を受けました。
吊天井の周囲に取り付けられ、地震発生時等の崩落事故を防ぐ働きがあります。
将来的には壁材等、幅広い分野での活用が期待されています。

詳細はこちら