会員企業一覧【カテゴリー別】
機械加工 板金・プレス加工 鋳造・鍛造加工【ダイガスト】
表面処理加工 溶接 材料・関連販売
協賛    
株式会社ヤハタ
カテゴリー
代表者 増渕 一夫 創業 昭和36年2月
資本金 1,000万円 従業員数 40名
所在地 〒309-1106 茨城県筑西市新治1970番地28号
連絡先 TEL:0296-57-3771 FAX:0296-20-4228
URL http://www.kk-yahata.co.jp/
Mail info@kk-yahata.co.jp
事業内容 パフ研磨、仕上げ加工、バリ取り、ショットブラスト
熱処理
特徴 当社は,バフ研磨加工工場として創業いたしましたので,カメラなどの小物外観部品(真鍮,チタン,アルミ)の加工を得意としています。
また,アルミニウムダイカストやマグネシウムダイカスト部品の加工でも,細かい精密な仕上げ加工に自信があります。
所有設備
 
・ショットブラスト(3台)
・電動ベルター(7台)
・超音波洗浄機(2台)
・バフレース(6台)
・ベルトコンベアー(2台)
・フォークリフト
・スクリューコンプレッサー
・プロコン旋盤(2台)
・アニール炉
・湿式集塵機(4台)

▲ページTOPへ

マグネシウム研磨加工例

ヤハタはマグネシウムの磨きのパイオニアとして、
ゼロから独自の技術を開発してきました。
マグネシウム磨きの培われた高い技術をお確かめください。
MDの部品や、カメラの部品、光通信や音響関係部品など、さまざまな磨きの実績があります。

 

マグネシウムは、
・実用金属としては、最も軽い材料
・比強度、比剛性が鋼やアルミニウムより優秀
・プラスティックより薄くても要求強度に適応
・実用金属中最大の振動吸収性(減衰能)
・優れた熱伝導率で、放熱効果抜群
・優れた電磁波シールド性
・製錬ができれば世界中どこでも供給
・再生使用することができる地球にやさしい材料
という、次世代のとっても優れた素材です!

マグネシウムの可能性

マグネシウムの特性を生かして、車や、カメラ・パソコンの部品をはじめ、セメント容器、建築用セメント枠、スピーカー、オーディオのピックなどさまざまな部品に活用されています。

さらに水槽の良好な水環境維持や、マグネシウムの活性酸素抑制効果の性質を活用した枕などの、意外な商品も生まれています。

例えばマパソコンのボディーはただ軽くて丈夫なというグネシウムの特性だけでなく、衝撃を伝えない(軽減する)マグネシウムの特性を活かしている例です。
外部の衝撃を、できるだけ基盤に伝えないために、マグネシウムが選ばれているのです。

マグネシウムの特性を活かしたアイディアを、ヤハタのマグネシウム加工の技術で実現してみませんか。

お問い合わせをお待ちしています!

マグネシウム加工への取り組み
マグネシウム加工へのより積極的な取り組みと安全性の向上へ

「20世紀はアルミの時代、21世紀はマグネシウムの時代」と言われています。

マグネシウムは軽量性、振動吸収性、耐熱性に富み、再生利用がプラスチックよりも簡易という性質を持っています。

反面、加工の難しさから敬遠する企業も多い現状にあります。

ヤハタでは、マグネシウムの表面研磨を数多く手がけ、加工のノウハウを多く蓄積しています。このノウハウ(オンリーワン技術)を、マシニングセンタを使った切削加工に展開することとなりました。

そのため新たにメーカーと共同でマグネシウム火災防止のカスタマイズをしたマシニングセンタを導入し、マグネシウムの切削加工工程を安全に可能とすることにより、切削工程を含むマグネシウム加工をお受けすることができるようになりました。 

    

高速、高精度、高効率小型切削加工機、
ファナックのロボドリルを導入しました。


ヤハタでは本年、三次元座標測定機を導入しました。これにより
●高精度(1.8μm)な測定が可能。
●プローブが接触できれば測定可能であり、複雑な形状でも異なる面を多角的に測定することも可能。
●CNC制御により、対象物の全面の自動計測が可能。
●計算により様々な幾何学的な特徴算出も可能。


となり、ヤハタでは
●社外流出不良率(精密測定工程をともなう加工品): 0%
測定スピード(生産性): 日産500個
を目指していきます。


ログイン/ログアウト
メールアドレス

パスワード

ヤハタのサービス


これまで、ヤハタでは切削加工できず、切削加工を含んだ一貫した加工が望めませんでした。切削加工を外注していたため、物流が輻輳し、リードタイムとコストがかかる課題がありました。その解決策として切削加工のためのマシニングセンタ-オークマGENOS M460-VE OSP-P300M導入し、ワンストップサービスを実現しました。これにより、納期の短縮はもとより、不具合への速やかな対処が可能となりました。

切削加工マシン導入前

切削加工マシン導入後

ワンストップサービスのためとマグネシウム火災防止のカスタマイズを施し、マグネシウムへの高速、高精度、高効率切削工程を可能とした小型切削加工機、ファナックのマシニングセンターを導入しました。

Mg素材の部品加工例
 
アクセスカウンター
合計:2134
今日:6
週間:9
月間:77
 
グーグル自動翻訳
 
ご挨拶
 

この度の東日本大震災により被災された皆様に心よりお見舞いを申し上げます。ヤハタは、皆様が日常お使いになっている携帯電話・カメラ・自動車・AV機器から業務用の精密機械、航空機の部品など、様々な、金属やその他の素材の磨き(研磨加工、バフ研磨、ショットブラスト、ヘアライン加工、バリ取り)をしている職人集団です。ヤハタは、日本人が培ってきた、バフ研磨などの精密な磨き技術開発のため、日々技術向上に努めています。特に、マグネシウムダイカストやアルミニウムダイカスト部品の加工では、極めて精密な仕上げ加工に自信があり、他を寄せ付けない優れた技術を保持しています。是非、磨きのヤハタのウェブサイトにお越しください。

株式会社ヤハタ
代表取締役社長 増淵 一夫
ヤハタ、磨き
お問い合わせ

当社へのご依頼、ご相談、
お見積もり等のお問い合わせは、
TEL:0296-57-3456
FAX:0296-57-3458
info@kk-yahata.co.jp

または、下記メールフォームで
お問い合わせください。



お知らせ

茨城県 平成26・27年度 ものづくり補助金 成果事例集に「薄肉航空機部品のワンチャック加工化による精密かつ高速機械加工の達成」と題して掲載されています。
2017/10/27up

アルミ部品加工例のページにレントゲン板、ヘアライン加工のコントロールボックスをアップしました。
2017/10/12up
ステンレス部品加工例のページに警報機カバーをアップしました。
2017/5/17up


マグネシウムによる、日本茶収穫機部品加工です。
2017/8/28up


富士フィルムカメラズーム部品加工例です。ヤハタではほとんどの有名カメラメーカーとの取引実績があります。
2017/8/28up

カメラのシグマとの取引を開始し、カメラ部品の加工を進めています。
2017/8/28up

磨きの加工前、加工後のページに、車アルミ照明関係部品をアップしました。
2017/8/25

磨きの加工前、加工後のわかりやすい例を掲載したページをアップしました。アルミニウムやマグネシウムなどの素材が、ヤハタの磨きでどのように変身するかご覧ください。

アルミ部品加工例のページに医療関係部品をアップしました。
2017/5/17up

ヤハタではテストピース(試作品)の加工にも力を入れています。もちろん1点から加工が可能です。お気軽にヤハタまでお問い合わせください。