マグネシウム曲げ・溶接・板金
マグネシウム製品の製作

各種プレート・パイプをはじめとするマグネシウム加工品を作製しております。
マグネシウムの軽さを生かし、工業用品はもちろんのこと、
持ち運びにも便利なイス・ショッピングカート等の
日用品の製作も行っております。
その他、ご要望に応じて、オリジナル製品を作成いたします。
折りたたみ車輪付イス
折りたたみ車輪付イス
 
岩倉溶接工業所は、
常に次の世代の物作りのために
既存技術の職人技と先端レーザー加工技術を融合した技術者である
”先端職人”の育成や 医療、航空産業における先端プロジェクトへの参加など
様々な取り組みを行っています。

岩倉溶接工業所では、
先進技術の習得と向上のために技術表現作品を製作しております。
指示された製品だけを製作するのではなく、
一から企画し3D CADで図面を起こし、
レーザー加工と各種溶接や仕上げ加工の融合により作品を仕上げます。
完成した作品は社内展示だけでなく、展示会などにも展示しております。
 

技術表現作品

参加プロジェクト

 
サポートプログラム

 
 
 
マグネシウム鋳造・鍛造

 サンキャストの技術を支える機械設備

より高精度に、より柔軟に、
最先端の技術力を駆使して構築した一貫の生産システムです。

多様化ニーズの中で、
効率の良さ、正確さを基本に、新たな産業シーンを実現しています。

画像1

画像2
画像3

詳細はこちら

精密パーツから大型部品まで対応可能
納期・数量とも、お客様の広範なご要望にお応えします


ハシバグループでは、
タイヤモールドで培った独自の技術を応用し、
現代のものづくりのニーズに応える
多品種少量生産、より精密な金型、部品の製造技術を開発し、
高精度品を短納期、低コスト化を行い、
お客様に満足いただける製品をお届けしています。

独自技術の精密石膏鋳造技術
は、
肉厚0.8mmのマグネシウム精密部品から肉厚300mmのアルミニウム金型まで、
高品質、かつ短納期を第一とし、お客様のご要望にお応えします。

図面は、2Dデータないしは3Dデータを支給いただければ、
即対応可能です。

図面はないのだけれど、
手持ちの製品と同じものが欲しい場合にも、ご相談下さい。

複雑形状であきらめていたもの、
納期に間に合わないで困っていたものは、
ぜひお申し付け下さい。
特に品質、納期に関しては、高い評価をいただいています。 

詳細はこちら

石膏鋳造の流れ
 

権田金属工業株式会社

コンフォーム押出し機による銅異型棒の開発の成果
「コンフォーム押出し機による銅異型棒の開発」の成果

当社の中核技術は、非鉄金属の塑性加工技術にあります。
その技術の上に、
他の非鉄金属メーカーにはない特色ある設備を持ち、
特色ある製品を作り出しています。

工程的には、溶解鋳造設備に始まり、
竪型連続鋳造機、熱間圧延機、熱間鍛造機、冷間鍛造機、冷間圧延機、
引抜機、連続押出機、NC加工機などの
素材金属の加工に必要とされるほぼすべての設備をそろえています。

また、お客様の要望にこたえるために、小ロット対応も可能です。



高速双ロール鋳造・温間圧延による
マグネシウム合金薄板の量産開発
「高速双ロール鋳造・温間圧延によるマグネシウム合金薄板の量産開発」

マグネシウム及びその合金は、
実用金属で一番軽く、さまざまな有用な特長を持っています。
当社は2002年より、大学の先生方の協力も得、
マグネシウム合金の薄板を直接鋳造する
新しい双ロール鋳造方式の研究をはじめました。

その結果、今までは板の製造が難しいとされていた、
AZ31以外のいろいろな合金も鋳造することのできる
新しい高速の双ロール鋳造方式である、
ゴンダ・ツインロール・キャスティング・システム、
英文名 Gonda Twin-Roll Casting(略称 GTRC)を
開発し、特許を取得しました。


GTRCを用いて製造できることが確認できた合金には、
AZ31、AZ61、AZ91、AM50、AM60などがあります。
これ以外の合金の製造も今後研究していきます。

2008年には、
プレス性がよく、強度もあり、表面処理性も良い、
マグネシウム合金AZ61板の量産を開始しました。


マグネシウム機械加工(精密切削)

マグネシウムの性質・特性を熟知した加工法

当社では、これまでにマグネシウムの加工を中心に行うことで、
加工ノウハウ、加工技術を多数蓄積してきました。

マグネシウムの特性である、
引火性、常温塑性変形性など負のイメージがある特性も、
逆に活かすことで、新たなマグネシウムの可能性を追求しています。

マグネシウムが本来もつ機能を損なうことなく、
防振、軽量、高強度の性質を存分に活かした
マグネシウム加工を得意としています。

マグネシウム表面処理

マグネシウムは、
・実用金属としては、最も軽い材料
・比強度、比剛性が鋼やアルミニウムより優秀
・プラスティックより薄くても要求強度に適応
・実用金属中最大の振動吸収性(減衰能)
・優れた熱伝導率で、放熱効果抜群
・優れた電磁波シールド性
・製錬ができれば世界中どこでも供給
・再生使用することができる地球にやさしい材料
という、次世代のとっても優れた素材です!

マグネシウムの可能性

マグネシウムの特性を生かして、
車や、カメラ・パソコンの部品をはじめ、
セメント容器、建築用セメント枠、スピーカー、オーディオのピックなど
さまざまな部品に活用されています。

さらに、水槽の良好な水環境維持や、
マグネシウムの活性酸素抑制効果の性質を活用した枕などの、
意外な商品も生まれています。

例えば、
マパソコンのボディーは、
ただ軽くて丈夫なというグネシウムの特性だけでなく、
衝撃を伝えない(軽減する)マグネシウムの特性を活かしている例です。
外部の衝撃を、できるだけ基盤に伝えないために、
マグネシウムが選ばれているのです。

マグネシウムの特性を活かしたアイディアを、
ヤハタのマグネシウム加工の技術で実現してみませんか。

お問い合わせをお待ちしています!